MENU

◆イベントレポート◆【緊急開催!】クラウド給与計算3社 オンライン年末調整セミナー/後半|CLOUD STATION BLOG|人事労務関連SaaSを体験できる「クラウドステーション」

BLOG

ブログ

◆イベントレポート◆【緊急開催!】クラウド給与計算3社 オンライン年末調整セミナー/後半

Pocket

CLOUD STATIONでは、定期的にウェビナーを開催しています。
本記事では、先般実施をした「【緊急開催!】クラウド給与計算3社 オンライン年末調整セミナー #freee人事労務 #マネーフォワードクラウド給与 #ジョブカン」についてのレポートの後半を公開します。

 

◆紙で年末調整を行っている
◆年末調整のペーパーレス化のイメージが持てていない
◆ペーパーレス化によって、どのくらい工数が削減されるのか知りたい
◆今年こそペーパーレス年末調整に挑戦したい

 

このような方は、ぜひご一読ください!

 

【前半記事はこちら】

 

後半では、freee人事労務・マネーフォワードクラウド年末調整(以下、MF年末調整)、ジョブカン給与(年末調整機能)について、比較してご紹介します。
機能での比較というよりは、「自社らしさ」「自社の困りごと」を抑えられるものはどれか?といった視点でお選びすると、成功するのではないでしょうか。

 

freee人事労務

 

まず、freeeの特徴としては、こちらです。

  • 勤怠、給与計算含めて一気通貫!全部ひとつのプロダクトで完結。複数サービスの連携を考える必要がないため、どっちの情報が正しいのだったか等迷うことがありません!

 

  • 管理者側の画面(進捗管理が見やすい、ボード)が素晴らしい。見やすくて、ストレスフリーな業務ができる。

 

  • 従業員の入力画面確認も見やすい!

 

  • 年末調整のみの利用は非現実的かと思うものの、実際にお問い合わせはあり、活用されている方も少なからずいらっしゃる。給与計算の機能を使用せずに、他のシステムで行った結果の一年分の賃金をインポートすることによって、今からでも利用可能。

 

  • 給与支払報告書の電子申告に関しては、freee人事労務ではなく「freee申告」というクラウドシステムを利用する必要あり。

 

こちらがfreee人事労務の画面です。※当日は、実際の操作画面を投影しておりました。以下、同様の表現についても同じです。

まず、管理者画面のホーム>年末調整>2021年の年末調整初期設定で、どの年で還付・追徴するのかなどの初期設定や、給与支払報告書に記載する項目入力・設定をします。

 

そうすると、従業員一覧を見られる画面が表示されます。こちらの画面では、一目で「誰がどのステータスにいるのか」「どこまで済んでいるのか」を見ることができます。
また、各工程についての完了率がグラフで表示されるので、業務の進捗度合いも一目瞭然です!画面を操作したり、従業員の進捗状況を書くにしたりと行った一連の業務について、まるでゲームをしているような感覚で、ストレス無く、年末調整業務が着々と進むのを楽しみながら取り掛かることができます。

 

従業員用の画面は、こちらです。
諸々の必要事項を入力し終えたら、内容の確認画面に進みます。内容に修正がなければ「確認」を押します。家族情報、保険料なども同様で、修正・追記の必要がある項目は操作をして、そうでなければ「確認」を押します。
また、保険料や住宅ローンについては、証憑を添付することもでき、従業員としてもfreee人事労務のみで完結することができるので、効率的に終えることができます。

 

通常業務で忙しい日々において、後回しにされがちな年末調整。
分かりやすい画面と操作で、心理的なハードルが下がることも、とても大きな効果ですね!

 

ジョブカン

 

ジョブカンの特徴は、こちらです。

 

  • ジョブカン給与計算というプロダクトの中に、年末調整機能が含まれています!勤怠管理のプロダクトとはまた別になりますが、普段給与計算で使用しているシステムで、年末調整まで行えるのは利便性が高いですね。

 

  • 管理者の画面では、進捗ごとの閲覧が可能です。

 

  • 従業員の入力画面にアクセスするには、ログインが不要です!管理者から入力用のURLを送るだけで作業が開始できますので、より簡単に行うことができます。ただし、リンクには有効期限がありますので、ご注意ください。

 

  • 年末調整のみの利用は非現実的…できれば給与計算機能もセットでこれを機にお使いいただけると良いかと思います。

 

管理者側では、入力中、差し戻し中、完了、対象外などステータスごとに従業員を分けることができます。

従業員側では、上記のように管理者からメールで通知されたURLから手続きが可能で、最初の画面で「12月給与の支給前に退職する予定があるかどうか」を回答します。続いて、二社以上での勤務の有無、今年給料をもらった前職の有無と、二択で回答して進めることができます。

 

また、元々給与ソフトに入力されている情報が反映されますので、回答者は氏名や住所などの情報を改めて入力する必要がありません。
他にも、収入は給与収入のみかどうかなど、まるでアンケートに回答するかのうようなシンプルなやりかたで、入力側にとって非常に効率的で悩む余地が少ないかと思います。

 

仮に、給与計算ソフトが異なる場合には、ご担当者様による「転記」が発生してしまいます。従って、上述のようにオンライン年末調整をするのであれば今後はジョブカン給与計算を用いて給与計算をしていく「セット利用」をおすすめします。

 

マネーフォワード(MF)

 

MFシリーズの特徴は、こちらです。

 

  • 年末調整単体利用可能!前半でご説明したいわゆる「士業ブロック」、今すぐには費用と工数をかけられない場合に、やりやすいかと思います。ご参考:MF年末調整サービスサイト

 

  • 管理者側画面で、進捗ごとの閲覧が可能。

 

  • 管理者サポート機能が充実していて、メールの自動送信(◯日経過後に入力が無ければ督促など)や、部分的な項目の差し戻しができます!

 

  • 従業員の入力画面は、今年がリリース直後、全ユーザーにとってはじめての年末調整になりますので、その点は留意したほうが良いでしょう。

 

管理画面にはいりますと、進捗が色分けされて見ることができます。また、メールの通知設定(◯日ごとの◯時にリマインドするなど)ができたり、アラートが上がっている従業員が分かりやすく表示されます。

 

従業員画面では、年末調整の対応についてトップに通知があり、そこから遷移して年末調整を始めることができます。

まずは手元に必要書類を用意するようにとメッセージが表示され、氏名・生年月日の確認、海外居住かどうかなどの確認・修正を行います。ジョブカンと同じように一問一答に近いアンケート形式で手続きができますので、初めて年末調整を行う方であってもそう迷うこと無く行うことができます!

 

そうでなくても、年に一度のみの作業では、どうしても「何をどうすれば良いのか」を忘れてしまいがちです。ご担当者様にとっては、説明や問い合わせ対応の工数が減り、従業員の皆様にとっては、ストレス無く・スピーディーに作業を行うことができます。

 

まとめ

 

各サービスと、各プランをこのようにまとめました。

プラン1「フルパッケージ」では、freeeとMF年末調整。プラン2「申告まで実施」では、ジョブカンとMF年末調整、そしてプラン3「楽々回収」ではMF年末調整が、特におすすめです。

 

また、今回はご紹介していませんが、SmartHRは給与計算機能がないため所得税の金額算出まではできません。要するに、実質的には申告書に必要な従業員情報の収集機能のみが備わっているということです。いずれかの給与計算ソフトとの連携、手計算いずれかが必要になります。

 

今年からペーパーレス年末調整を実施するには、こちらの手順を踏みましょう!これまでの内容と、下記「各プランの準備」をご参考になさって下さい。

 

また、会社全体で徴収・還付のタイミングが決められるかどうか、対象外の方への賞与年末調整が対応可能かどうかといった細部の違いもございますので、「還付・徴収」を起点として考えていただくことも重要なポイントです。

 

  1. プランを決める:どこからどこまでをペーパーレス化するのか
  2. 利用するサービスを決める
  3. スケジュールを立てる
  4. 誰が主導するかを決める

 

各プランの準備 

 

 

 

 

以上、前半と後半に渡って、年末調整直前比較!ワークショップの内容をご紹介してまいりました。実際のワークショップでは、実際の画面を投影しながら、より率直な意見もお伝えいたしました。

 

CLOUD STATIONでは、無料のオンライン相談を実施しておりますので、ぜひご活用ください。
また、神楽坂にありますショールームでは、実際にシステムを操作することができます。ご来館可能な方は、ご予約の上でぜひお越しください!

※ショールームは完全予約制ですので、前日までのお手続きをお願いいたします。

 

 

・・・

 

◆神楽坂駅徒歩すぐ!CLOUD STATIONでは、各種人事労務システムを展示しています。実際に操作頂きながら、専門のスタッフに運用についてご相談いただくことも可能です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制としております。

ご予約はこちらから

 

◆完全無料のオンライン相談もお受けしております。

【相談内容の一例】

  • クラウド化を進めたいが、どのサービスを選ぶのがよいか分からない/迷っている
  • 自社独自の勤怠管理システムを利用しているがメンテナンスをする時間がない
  • 担当者が退職してしまったなど、クラウド化を進めたいがうまく移行できるか不安がある
  • クラウド化すると、どれくらい費用がかかるのか知りたい

ご予約はこちらから

 

◆月に一回、その月の人気記事や注目情報をお届けするメルマガ配信中です!

下記フォームよりお気軽にお申し込みください。