MENU

【労務担当者必見!】雇用保険料率変更×クラウドシステム対応|クラウドステーションのBLOG|人事労務 関連SaaSを体験できる「CLOUD STATION」

BLOG

ブログ

【労務担当者必見!】雇用保険料率変更×クラウドシステム対応

令和4年10月に、雇用保険料率が変更されます。

下記に、各クラウドシステムの対応をまとめておりますので、ぜひご一読ください。

 

変更内容

 

上述のように、令和4年10月から、労働者負担・事業主負担の保険料率が変更されます。

 年度の途中からの変更ですので、ご注意ください。

 

参考情報:令和4年度雇用保険料率のご案内 (厚生労働省) 

【雇用保険料】2022年度中引き上げ予定の雇用保険料率!給与計算や年度更新への影響は?

 

各種クラウドシステムの対応

 

CLOUD STATIONを運営するTECO Designでは、クラウドシステムの導入・運用支援サービスを提供しております。下記4つの給与計算クラウドシステムが、どう対応しているのかご紹介します。

 

freee人事労務 

ジョブカン給与 

マネーフォワードクラウド給与 

ジンジャー給与 

 

マネーフォワードクラウド給与 【自動更新される】

 

システム側で変更されるので、人事・給与担当者様が対応する必要はありません。

 

参考情報:令和4年度の雇用保険料率の改定に対応しました

 

freee人事労務 【自動更新される】

 

マネーフォワードクラウド給与と同じく、システム側で変更されます。

 

参考情報:freee人事労務での給与の社会保険料等の計算式

 

また、令和4年度分の雇用保険料率が一部改正されます。

4月からは「会社負担分」、10月からは「従業員負担分」の料率がそれぞれ変更されます。

詳しい計算式は次のとおりです。

 

※引用元:上記Webサイトより

 

ジョブカン給与計算【自動更新される】

 

こちらも同様に、システム側で自動変更されます。

 

参考情報:Q.【労働保険年度更新】2022年雇用保険料率の改定部分の処理はどうしたらいいですか?

 

ジンジャー給与

 

他のクラウド給与とは異なり、手動での切り替えが必要です。

切り替えるタイミングにご注意ください。

 

参考情報:社会保険料や雇用保険料が自動計算されません。

 

以上、クラウドシステムを比較してご紹介しました。

システム検討や導入・運用のご参考にしていただけましたら、幸いです。

・・・

最新のワークショップの情報はこちら

 

◆神楽坂駅徒歩すぐ!CLOUD STATIONでは、各種人事労務システムを展示しています。実際に操作頂きながら、専門のスタッフに運用についてご相談いただくことも可能です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制としております。

ご予約はこちらから

 

◆完全無料のオンライン相談もお受けしております。

【相談内容の一例】

  • クラウド化を進めたいが、どのサービスを選ぶのがよいか分からない/迷っている
  • 自社独自の勤怠管理システムを利用しているがメンテナンスをする時間がない
  • 担当者が退職してしまったなど、クラウド化を進めたいがうまく移行できるか不安がある
  • クラウド化すると、どれくらい費用がかかるのか知りたい

ご予約はこちらから

 

◆月に一回、その月の人気記事や注目情報をお届けするメルマガ配信中です!

下記フォームよりお気軽にお申し込みください。