MENU

【注目企業インタビュー】士業事務所向けLINE動画配信システム L-Magazine/株式会社ALEX Buzz 児玉様|クラウドステーションのBLOG|人事労務 関連SaaSを体験できる「CLOUD STATION」

BLOG

ブログ

【注目企業インタビュー】士業事務所向けLINE動画配信システム L-Magazine/株式会社ALEX Buzz 児玉様

本記事では、士業事務所向けLINE動画配信システム「L-Magazine」を提供・運営する、株式会社ALEX buzz 児玉様へのインタビューをお届けします。

士業事務所の方、ぜひご一読ください!

また、記事の後ろには士業事務所限定のセミナー動画配信についてご案内しております。記事と併せて、ご覧ください。

 

児玉洋貴 様

税理士・公認会計士。2010年に一橋大学経済学部を卒業後、大手コンサルティング会社や監査法人等で経験を積み、27歳でALEX会計事務所を設立。LINEを用いた情報配信が顧問先に喜ばれ、2020年に株式会社ALEX Buzzを創業し、本格的なシステム開発に着手。

 

分かりやすい動画・LINE配信で効果的なコミュニケーションを実現。

 

ー本日はよろしくお願いします!

 株式会社ALEX Buzz創業の背景をお教えいただけますでしょうか。

 

児玉様:5年ほど前にALEX会計事務所を立ち上げたのですが、そこである人とと出会ったことがきっかけです。当時、その方は士業事務所へのコンサルティングをされていて、それで当事務所をご支援頂いていました。

 

関わりを持つ中で意気投合しまして、LINE動画配信システム「L-Magazine」を一緒に開発することになったんです。これに伴い、株式会社ALEX Buzzを創業しました。

 

 

ーLINEで動画や情報を配信できるのは、士業事務所の方にとっても、顧客である企業や個人の方にとっても便利ですよね。

 

児玉様:今やほとんどの方がLINEを日常的に利用しているでしょうから、他の伝達手段と比べて見逃しが少なくなり、しっかりと情報を伝えられますよね。

 

参考:LINE利用率8割超え:10~30代は9割が利用(NTTドコモ モバイル社会研究所)

 

士業事務所でのお客様への連絡・情報伝達の手段は、手紙などの紙媒体やメールマガジンが主流なのですが、せっかくお客様にとって価値のある情報や専門知識をお伝えしていても、届かないと意味がありません。士業事務所からお客様への連絡・情報伝達、また関係性構築の手段としてL-Magazineをご利用頂きたいと考えています。

 

また、既存のお客様への情報提供に加え、見込み顧客への継続的なコミュニケーション、採用候補者への事務所PRや社内の教育にもご利用いただけます。

 

 

ー3分程度の動画で知識を得られるのは、色々なシーンで活用できますね。文字よりも圧倒的に分かりやすく、見返すのも苦にならなそうです。

 

児玉様:専門知識は理解するのに時間が必要ですし、向き不向きもある領域だと思いますので、誰にでも分かりやすく且つ繰り返し見られる「動画」は有効だと思います。

 

以前、ALEX会計事務所のあるお客様に税金やお金周りの知識をお伝えしても、中々ご理解・ご関心いただけないということがありました。そこで、アニメーション動画を作成し、LINEでお送りするようにしたんです。最初はあまり反応していただけなかったのですが、継続して配信するうちに「あの動画見たよ」「分かりやすかった」と言って頂けるようになりました。

 

動画作成・LINE配信によって、ひとりの経営者の方の意識を変えることができ、顧問税理士として真の意味で貢献できたと思った経験でした。L-Magazineは、こういった個人的な実体験をもとに作ったサービスでもあります。

 

L-Magazine活用でコミュニケーションの「種」をつくる

 

ーL-Magazineをローンチされてからまだ1ヶ月も経っていませんが※、どのような事務所の方がご利用されているのでしょうか?

※取材当時

 

児玉様:1人でやられているようなところから、50名超のところまで、さまざまな規模の事務所の方にご利用いただいています。

 

ーどのような課題をお持ちの事務所が多いのでしょうか?

 

児玉様:既存の方法だと、顧客に情報を届けられていない、といった課題が多いですね。例えば、メールマガジンの開封率が10%未満で、事務所からの重要なお知らせもスルーされてしまっているということは複数の事務所の方から伺っています。

 

また、これまでにメールマガジンや紙媒体での情報発信をしてこなかった、という方もいらっしゃいます。労力をかけても、結局読まれないし捨てられてしまうだろうとお考えだったそうです。数分の動画だったら、移動中に閲覧することができたり、音声を聞きながら他の作業ができたりと、顧客にとって利便性が高くしっかりと情報を届けられそうだと期待頂き、ご導入に至りました。

 

ある社会保険労務士の方からは、相続や資産運用など労務分野と直接的に関係の薄いコンテンツも配信したいというお話も伺いました。総合窓口として顧客の課題を一手に引き受け、必要に応じて、税理士や司法書士など他士業事務所に紹介することによって、顧客の満足度を上げるとともに士業事務所の横のつながりを作りたいとお考えとのことでした。

 

ー情報発信を入り口に、サービスの充実や顧客満足度向上にも活用することができるのですね。

今後、どのようなアップデートをご予定されていらっしゃいますか?

 

児玉様:直近では2つ、予定をしています。

 

1つ目は、動画のオーダーメイドプランでして、こちらは夏頃にリリース予定です。

動画の専門性とわかりやすさを実現するというサービスの特性上、現在は運営側が作成した動画をアップロードし、その中から配信するものを選択していただくようにしています。

ただサービス開始当初から、事務所ごとにカスタマイズしたいといったお話をいただいていまして、現在鋭意準備中です。

 

2つ目は、資産運用についての動画の作成です。こちらも同様に、夏頃リリース予定です税理士の先生方から、資産運用のリテラシーを向上するような動画や、個別金融商品についての動画を欲しいといったご要望をいただくことがあり、こちらもいま動画の作成を進めているところです。また、資産運用の動画を公開するタイミングで、士業事務所のみでなく、保険代理店、葬儀会社、不動産会社だとかの方にもご利用頂けるようにしたいと考えています。

 

ーL-Magazineに込められた思いについて、お教えいただけますでしょうか?

 

児玉様:一番は、士業事務所の価値を高めたいということです。顧客から士業事務所へのクレームや不満は、大半が「何もしてくれない」ことだと思うのですが、つまり顧客から士業事務所へのリクエストは「提案をしてほしい」なんですよね。

 

私自身も、士業が顧客のことを専門家視点でしっかり見、その上で改善点や課題をについてのアドバイスや提案をすることにこそ価値がある、と考えています。私も試行錯誤しながら実践しているところではあるのですが、同じように考えてくださる士業の方が増えてほしいという思いを持っています。

 

士業事務所がしっかりと顧客に価値を提供することによって、ひいては日本全体のビジネスの底上げになるとも思っていまして、そのためのツールの一つとしてL-Magazineを提供していきたいと考えています。L-Magazineで動画を配信することによって、それがコミュニケーションの種となって、提案に繋げて頂けることを期待しています。

 

ー動画を起点に「実はこんな相談をしようと思っていた」なんてコミュニケーションも生まれそうですね。

 

L-Magazineで業務効率化も実現!

 

ー児玉様が想定されているL-Magazineの活用ストーリーについて、お教えいただけますか?

 

児玉様:そうですね、まずこれは実際の例なのですが、ある司法書士事務所でL-Magazineを導入いただいて生前贈与対策の動画を配信されたところ、それを見た方から遺言書の作成や信託関係についいて問い合わせがあったそうです。それで節税について提案するうちに、トントン拍子で「◯%の成果報酬で」と契約が決まったそうです。

 

司法書士は顧問契約でなく、基本的には単発での契約です。だからこそ、こまめに接点を持って何かあった時に「あの人に相談してみよう」と想起してもらえるかどうかが重要なんです。

 

ー紙、電話、メールだと接点を作るだけで相当の時間がかかるでしょうし、それで見てもらえない・読んでもらえないとすると徒労に終わってしまいますよね。

 

児玉様:そうなんですよ。士業の皆様には、効率化できるところは効率化して、本来業務である「専門知識を活かした提案」に集中していただきたいとも考えています。

 

例えば会計士であれば、顧問契約先に月次で試算表を提出するという業務があるのですが、作成にあたって、その元となる資料を回収しなくてはなりません。しっかり資料を回収できるかどうかが非常に重要なのですが、共有方法だとか提出期限だとかのルールを顧客が忘れてしまうことも少なくないかと思います。

 

そういったルールを動画にすることによって、要点を分かりやすく伝えることができ、また動画を繰り返し再生することによって確認の手間も省け、双方の業務効率化に繋がるようなケースも想定しています。

 

ー話は変わるのですが、サービス一覧にHP制作をされている「イマドキPage」というサービスを拝見しました、こちらはL-Magazineとどう関連されているのでしょうか?

 

「最短3営業日でおしゃれなHPを イマドキPage」

 

児玉様:将来的には、事務所の方が動画を配信したら、自動連携して同じ動画がHPに掲載されるような仕組みを作りたいと考えています。

 

イマドキPageは昨年12月頃から提供しているのですが、士業事務所の中にはHPを持っていなかったり、作成やディレクションのノウハウを持っていないところも多いんです。それで、事務所に特化したテンプレートをつくって、運用代行まで引き受けようということで開始したサービスです。

 

ーせっかくLINEで分かりやすい動画を配信しているのだから、その先にたどり着くであろうHPも整備しておきたいですよね。

最後に、L-Magazineの推しポイントについて、改めてお教えください!

 

児玉様:とにかく簡単に利用頂ける、ということです。LINEで配信する動画は当社が作成しますので、事務所の方にやっていただくのは「どの動画雨を配信するか」を決めることだけです。サービス利用開始時においても、LINEアカウントを作成していただいたら、4クリックくらいの操作で配信開始することができます。

 

配信結果の分析、配信グループのセグメント、メッセージ自動応答などの機能もありますので、そちらもぜひご活用いただきたいです。

 

ーありがとうございました!

 

・・・

以上、ALEX buzz 児玉様にお話をお伺いしました。

 

また、今回共同で、士業事務所限定のセミナー動画の配信を実施することとなりました。

詳細はこちらからご覧いただけます。ぜひ、お申し込みください。

 

■主なコンテンツ

顧問先からの会計事務所への3つの不満
こんな対応は要注意!
不満の出やすい対応の特徴
顧問先からの不満にはこんな理屈が?!
●●するだけで顧問先からの不満激減!
明日から出来る!顧問先への満足度向上施策

■配信日時

8月以降を予定

■申し込み

こちらよりお申し込みください。