MENU

【比較記事】労働保険・健康保険 複数の適用事業所がある場合〜ジョブカン、マネーフォワードクラウド給与、人事労務freee〜|CLOUD STATION BLOG|人事労務関連SaaSを体験できる「クラウドステーション」

BLOG

ブログ

【比較記事】労働保険・健康保険 複数の適用事業所がある場合〜ジョブカン、マネーフォワードクラウド給与、人事労務freee〜

Pocket

比較記事シリーズでは、人事労務関連のクラウドサービスを様々なケースを想定して比較し、ご紹介します。今回は、複数の都道府県に事業所があり、かつ協会けんぽを利用している場合を想定して、ジョブカン、マネーフォワードクラウド給与、人事労務freeeの対応方法を比較します。

 

ジョブカン 

マネーフォワードクラウド給与

人事労務freee

 

※本記事の内容は公開時点の情報です。

 

 

マネーフォワードクラウド給与 

 

マネーフォワードクラウド給与では、複数の健康保険の料率を設定することができます。管理画面>基本設定>事業所から、複数拠点の設定ができ、それぞれに社会保険のマスタを持っているため、別々の料率を設定することが可能です。

 

ジョブカン

 

ジョブカンでは、複数の事業所の設定ができないため、今回のようなケースだと対応は難しいようです。

 

人事労務freee 

 

人事労務freeeでも、複数の事業所の設定ができません。

 

ジョブカン・人事労務freee利用時の代替方法

 

ジョブカン・人事労務freeeを利用して、今回のケースに対応する場合には、下記のような代替方法が考えられます。

 

 共通

 

  1. 該当社員のみ、給与計算画面で毎月手入力で修正。
  2. 専用の控除項目を作成し、該当社員の従業員マスタで紐付ける。

 

両サービスにある「社会保険マスタ」に本社がある都道府県の料率を設定した場合には、他拠点の料率と差分が発生します。そこで発生した差額を下記のように、個人ごとに控除項目として設定します。

 

  • ジョブカン:給与規定グループに控除項目を作成。金額設定は「従業員一覧で金額を設定」を選び、社会保険料として扱う設定とする。
  • 人事労務feee:所得から差し引く毎月の控除を作成すると、社会保険料のように認識される。

 

人事労務freeeのみ

 

社会保険マスタの設定を組合健保にし、個々人の従業員マスタで定額を設定。協会けんぽに加入している場合は、通常であれば社会保険マスタでは「協会けんぽ」を選択しますが、この場合には「組合健保」を選択し、それぞれの従業員に任意の数字を自分で入力するように設定します。

 

ここまで完了したら、個々人の従業員マスタで、健康保険の金額・会社の負担分を入力します。給与計算画面での編集が不要になる一方で、CSVでのインポートができないため設定に時間がかかってしまいます。

 

注意点

 

ジョブカン、人事労務freeeを利用していて、かつ上記のような方法を取る場合には下記のことに注意して下さい。

 

  1. マスタ変更を必ずすること。
  2. 経理システムと連携している場合には、会社負担金にも要注意。場合によっては経理側での変更が必要。

 

複数の雇用保険料率を適用したい場合

 

健康保険の場合と同じく、ジョブカン、人事労務freeeは対応がされておらず、マネーフォワードクラウド給与は対応可能となっています。

 

クラウドシステム選定のポイント

以上、マネーフォワードクラウド給与、ジョブカン、人事労務について比較しました。

実際のシステム選定にあたっては、機能がリッチであるということに加え、自社で設定・運用可能化という点も考慮する必要があります。

 

カスタマイズ可能な部分が多いということは、設定箇所が多いということでもあり、クラウドシステムの設定に慣れている方の確認が必要であるとも言えますので、ご留意下さい。

 

 

以上の内容を、8分程の動画でもまとめています。

こちらも併せてご覧下さい!

 

また、マネーフォワードクラウド給与はCLOUD STATIONショールームにて展示中です。実際にお使いいただけますので、お気軽にご来場下さい。

 

こちらよりご予約いただけます。

アクセス・ご予約フォーム

 

遠方にお住まいの方は、オンライン相談もご活用下さい。

オンライン相談