MENU

【公開マニュアル】マネーフォワードクラウド給与 初期設定|クラウドステーションのBLOG|人事労務 関連SaaSを体験できる「CLOUD STATION」

BLOG

ブログ

【公開マニュアル】マネーフォワードクラウド給与 初期設定

公開マニュアルシリーズでは、各人事労務クラウドの使い方やハックする方法をご紹介します。本記事では、マネーフォワードクラウド給与の初期設定についてまとめました。

※本記事の内容は、公開時点の情報です。

 

マネーフォワードクラウド給与では、まず基本設定から「事業所の設定」をします。

 

社会保険

 

事業所の設定では、事業所名、本社かどうか、都道府県、社会保険・労働保険設定、その他詳細設定(都道府県の設定など)を行います。ここで正しく都道府県を設定できていないと、協会けんぽの設定に反映されないため、注意しましょう。

健康保険の設定がされていることを確認したら、厚生年金保険の設定にて管轄の事務所・事業所番号・事業所整理番号を入力し設定します。ここまで設定が完了したら、保険料率が該当欄に自動反映されます。

 

労災保険・雇用保険

 

労災保険の管轄を調べ、管轄、労働保険番号、具体的な業務または作業の内容、労災保険料率用業種を入力します。労災保険の管轄は、所在地(都道府県)の労働基準監督署一覧から確認することができます。

雇用保険においても、管轄のハローワーク、事業所番号、雇用保険料率用業種を入力しま
す。上記設定ができていれば、それぞれの料率は自動で反映されます。

 

月平均所定労働時間

 

こちらは「年度設定」に入力します。
まずは大多数の社員ルールをこの「年度」で設定し、それに該当しない社員のみ「従業員情報」の該当従業員の詳細マスタで設定するという仕様です。なお固定残業の設定なども、該当従業員の詳細マスタで設定します。

 

社員登録

 

社員登録が複数名ある場合には、CSV形式でのインポートが効率的です。所定のフォーマットでないとエラーが発生しますので、必ずマネーフォワードクラウド給与から事前にダウンロードしておきましょう。

 

最新の公式「従業員インポート手順書」の18ぺージ以降に具体的な入力語句などの注意点が掲載されていますので、この通りに入力しましょう。

標準報酬月額(社会保険)と資格取得日(健康保険)が両方入力されていないとインポートした後に自動計算されませんので、注意が必要です。
また、「雇用保険被保険者番号」「基礎年金番号」「銀行口座」について、それぞれ桁数に間違えがないようにこちらも注意が必要です。KING OF TIMEなど他システムとAPI連携する場合には、システム間で従業員コードを合わせておくことが必須です。

 

無料オンライン相談・ショールーム見学受付中です

 

CLOUD STATIONでは、無料のオンライン相談(目安:一時間)をお受けしております。こちらよりご予約いただけますので、クラウド勤怠管理システムや他人事労務のクラウドサービス導入についての課題感をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。

 

オンライン相談

 

また、神楽坂駅徒歩すぐのショールームでは、クラウド勤怠管理システムを実際にご利用いただき、便利さや各システムの特徴を実感いただけます。ぜひご活用ください。
※新型コロナウイルス感染防止のため、予約枠に対して一社までと制限を設けさせていただいております。

アクセス・ご予約フォーム